• 7番PAR3
    Hdcp15

    HOLE7: PAR3 Hdcp15

    ティーイングエリアは2つのパッティンググリーンの間を向いているので、スタンスの方向に注意。正確なティーショットが要求される。

     
     

    BENT GREEN


    両サイド手前をバンカーにガードされた砲台グリーン。ティーイングエリアはコウライグリーンとの間を向いているので、スタンスの方向に注意。距離がある割にはグリーンが小さいので難易度の高いティーショットになる。無理にワンオンを狙わないで、自信のあるクラブで確実に手前の花道から攻めるのも一つの方法。右バンカーは左のそれより深くて難しい。力んでホームランしないこと。奥からは乗せるのも難しい。グリーンは右奥の傾斜がきつく下りのパットは速い。手前から攻めるのが鉄則。

    KORAI GREEN


    花道を利用しやすくするため、ティーアップはなるべく右サイドにセットすることをおすすめする。左右をバンカーに囲まれた、典型的な受けグリーン。グリーンは奥行きが狭く、手前から右奥に向かって速くなる傾向がある。